Flaming Desire

Flaming Desireとは、ビル・ネルソンの通算7枚目のシングル曲です。
マーキュリーレコードから発売。

1982年に発表されたもので、12インチと7インチの2種類が出ました。
12インチの方は色が青色で、「Flaming Desire」のロング・ヴァージョンと、
他3曲が収録されており、7インチは赤色で2曲入りです。

Flaming Desireは、The Love That Whirlsに収録されており、
全編シンセサイザーで作られているのに、
シンセソロなどが原因でか、結構ロックっぽい仕上がりとなっています。
珍しくプロモーションビデオも作られていて、
モノクロのなんとなくニューロマンティックスなものも感じられる作品となっています。
出演者はビルと女の人がいるのですが、これはひょっとしたら
ビルの当時の妻、ジャンさんかもしれません。

B面のThe Passionは当時のLP(The Love That~)には未収録でしたが、
2005年にCD化がされた際にボーナストラックとして収録されました。
なお、肝心のFlaming Desireのロングヴァージョンは
2005年盤には収録されていません。
また12インチ盤には「The Burning Question」といウ曲がありますが、
これも収録されていません。(今のところ、コンピレーション盤の
「The Two-fold Aspect Of Everything」でしか聴けません)

7インチ

A
Flaming Desire
B
The Passion
ドラムスにBogdan Wiczlingという人が参加しています。

12インチ

A
1.Flaming Desire (Long Version)
B
1.The Passion
1.The Burning Question
サックスはイアン・ネルソンです

Flaming Desire And Other Passions

アメリカではこのようなタイトルで発売され、
ジャケットの色は赤色でした。
Flaming Desireのロングヴァージョン、The Passion、The Burning Questionに
シングル「Eros Arriving」のB面曲の3曲が追加された、
6曲入りのミニアルバムのようなものとなっています。

Huanting In My Headは、2005年に「The Love That Whirls」が
CD化された際にボーナストラックとして収録されましたが、
He And Sleep Were Brothersは「The Two-fold Aspect Of Everything」でしか聴けません。

曲目

A
1.Flaming Desire (Long Version)
2.Flesh
3.The Passion
B
1.The Burning Question
2.He And Sleep Were Brothers
3.Huanting In My Head


  • 最終更新:2014-10-18 17:42:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード