Be Bop Deluxe

ビー・バップ・デラックスは、ビル・ネルソンを中心に
1972年に結成したバンドです。

概要

自主制作で発表したファーストアルバム「Northern Dreams」がきっかけで有名になり、EMIハーヴェストは契約を持ちこむも、ビルはソロではなくバンド結成を目指していたため、メジャー契約は一旦保留となりました。ビルは友人イアン・パーキンを中心にビー・バップ・デラックスを結成。1973年にビルの個人レーベル「スマイル・レコード」からファーストシングル「Teenage Archangel」を発表し、これも好評となりました。そしてついにバンドはEMIと契約を結びました。
ファーストアルバム「Axe Victim」を発表するも、ビル以外のメンバーの力量などの問題で一旦バンドは解体。サイモン・フォックスと、オーディションによって加入したチャールズ・トゥマハイによる3人編成となって再出発をし、トーマス・ベイカーをプロデューサーに迎え、「Futumara」を発表します。このころからライブのサポートメンバーを担当していたアンドリュー・クラークを正式メンバーとして加入し、「Sunburst Finish」「Modern Music」、翌年にはライブアルバム「Live ! In The Air Age」とバンドは黄金期を迎えます。
1978年になるとギター中心だった音楽性から、「Drastic Plastic」を発表し、シンセサイザーを中心とした方向性に転換します。これを最後にバンドとして活動する意義がなくなり、バンドは解散。
ビルは、「レッド・ノイズ」を結成し、よりニューウェーブの世界へと深く入る事になります。

Discography

Album

Axe Victim (1974)
・Futurama (1975)
Sunburst Finish (1976)
Modern Music (1976)
・Live! In The Air Age (1977 live album)
Drastic Plastic (1978)

Single

・Teenage Archangel (1973)
・Jet Silver And The Dolls Of Venus (1974)
・Between The Worlds (1975.2)
・Maid In Heaven (1975)
・Ships In The Night (1976)
・Kiss Of Light (1976)
・HOT VALVES(EP) (1976)
・Japan (1977)
・Panic In The World (1978)
・Electrical Language (1978)

Members

1972
Bill Nelson :lead vocals, lead guitars, keyboards
Ian Parkin :guitars
Robert Bryan :bass, vocals
Richard Brown :keyboards
Nicholas Chatterton-Dew :drums, percussion

同年にRichardは脱退し、4人編成で
「Axe Victim」を発表する1974年まで続きます。

1974
Bill Nelson
Simon Fox :drums, percussion
Paul Jeffreys :bass
Milton Reame-James :keyboards
ポールとミルトンは元「スティーブ・ハーレイ&コックニー・レベル」の
メンバーで、この4人でレコーディングを始めましたが、
結局音源が当時発表される事はありませんでした。

1974-1975
Bill Nelson
Simon Fox
Charlie Tumahai :bass, vocals

1975-1978
Bill Nelson
Simon Fox
Charlie Tumahai
Andrew Clark :keyboards

  • 最終更新:2016-06-11 17:23:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード